広がるエンジニアの選択肢

IT業界のエンジニアは、自分の適性に合わせて仕事の領域を選ぶことができます。
たとえばITメーカーなどで働く場合、テストエンジニアやセールスエンジニアなどの選択肢があります。

テストエンジニアは、開発した製品をチェックする品質管理が主な仕事内容です。
こういった領域で働くエンジニアは、エラーの発生状況から製品の問題点を発見したり、機能性を調べたりするテストを行います。
テストそのものを設計するケースもあるため、テストエンジニアには設計や開発スキルが必要になることも多いです。

セールスエンジニアの主な役割は、自社が開発した製品をクライアントに紹介、販売することです。
取引先を回り、クライアントの悩みを把握したり自社の製品の魅力を説明したりして導入を検討してもらえるよう営業活動を行うことが、セールスエンジニアの仕事の1つに挙げられます。
この領域では、クライアントに適切なアドバイスをするコンサルティングのスキルが求められます。
紹介する自社製品に精通していることや、クライアントの環境に合った製品を見極められることなどが、セールスエンジニアとして働くうえで必要です。

セールスエンジニアと仕事内容が似ているのが、カスタマーエンジニアです。
カスタマーエンジニアは、製品のメンテナンスやトラブル発生時のサポートなどを行います。
この領域で働くエンジニアには、ITの専門的なスキルや、クライアントの意向を聞いて的確な対応をするコミュニケーション能力などが求められます。